In the heat of moment

アラサーOLがオススメな音楽&映画を紹介しつつ、英語を学ぶブログ

MENU

【実体験】ヨーロッパで複数の国を旅する方法と鉄道の乗り方 ウィーンからハンガリー編

ハンガリー

 

 

女一人旅で初の国境越えに挑戦しました

 

“微笑むアイコン”

色々事件は起こったけど、挑戦してよかった

 

そう、ヨーロッパはとても大きな大陸ですので、みなさんのやる気さえあればバスや鉄道などの乗り物を駆使して1回の旅行で複数の国をまたいで旅することができるんです!

 

でも、海外の鉄道やバスってそう簡単に乗れるもんかね・・・?

 

目を閉じるアイコン

はい!意外にいけますよ先輩。

シェンゲン協定加盟国への出入国について

 

ポイントさえしっかり押さえておけば、あなたもちゃんと国境越えできます。

 

特に!今からシェンゲン協定加盟国への旅行を予定しているそこのあなた!むしろ国境を越えなきゃちょっともったいないかも。

 

シェンゲン協定とは 協定締結国は、観光・出張などを目的とした短期(ある180日間のうちの90日以内)滞在用の圏内共通の査証(ビザ)、「シェンゲン・ビザ」を発行していますが、日本国発行の旅券(パスポート)の保持者はそのビザが免除されています。シェンゲン・ビザ保持者・免除者はいずれも、シェンゲン圏内であれば、原則的に出入国検査なしに自由に国を行き来することができます。

引用元:http://eumag.jp/questions/f0518

 

私の今回旅した オーストリアはシェンゲン協定加盟国であり、隣接している加盟国のハンガリーやチェコ、ドイツなどに鉄道やバスを使い自由に行き来できちゃうんです。

 

そこの旅好きのあなた、行くっきゃないでしょ! 

 

国境を越えるために利用した鉄道の乗り方

 

 今回旅先に選んだのは鉄道で行くハンガリー・ブダペスト

鉄道を使えば約3時間程度でブダペストまで行くことができるんです!

 

テンションが上がっているアイコン

今回の旅での経験から鉄道移動のポイントを教えてやろうじゃないか!

たとえあなたが旅慣れしていなくても、ポイントさえ押さえれば大丈夫。

 

チケット購入/発券までポイント(ウィーン→ブタペスト)

 

① ウィーンからの国際線の鉄道はほぼ「ウィーン中央駅Wien Haupt Bahnhof(独)/ Vienna Central Station(英)」に発着!

 

ここが全ての始まりです!しっかりとウィーン中央駅の場所と乗り換えの仕方をチェックしましょう。

筆者はこの作業を怠ったために道に迷った挙句に雨に打たれ、駅到着予定が1時間もオーバーしてしまい大パニックを起こしました。みなさまご注意を・・・。

 

② 駅に着いたらOBB(オーストリア連邦鉄道)文字を探すべし!

 

ウィーン中央駅はとても大きな駅です。たとえドイツ語に自信がなくてもOBBの文字さえ見つかれば何とかなる!笑 駅構内の表示や案内でOBBの文字を探し出して発券機へ向かいましょう。発券機のある場所には大きな赤い文字でドドーンとOBBの看板が出ているのですぐ分かると思います。

どうしても見つからない場合は駅員さんや、優しそうな人に聞いてみましょう。これが一番手っ取り早い。

 

③ チケットを購入・発券しよう!

 

発券機は日本語の設定ができないため、ドイツ語が話せない方は英語の画面に設定してから発券するのが無難でしょう。

 

英語でも不安だな・・・

 

というそこのあなた、OBBのサイトからチケットの購入、発券の流れを予習することができます。

OBB公式「チケットの購入・発券方法」:ÖBB - Ticket machine

 

公式サイトでは丁寧に英語で説明が書かれていますが、youtubeを使って動画での説明を見ることができます!しかし、説明で使われている言語はドイツ語…。

 

ただ、Youtubeの自動日本語翻訳機能 を使うと意外と分かりました。少しでも不安を軽減したい方は見る価値ありです! 

公式サイトから事前にオンライン予約もできます

 

私は前日に鉄道のチケットを「往復or片道・時間・座席」(3ユーロ追加で座席予約可能)を指定したものをOBBの公式サイトで購入してあったので、そのチケットを発券しに駅の構内へ

 

ただ、下調べを怠り時間ギリギリ到着してしまったためかなり焦った…。

そして初めての場所で道に迷った・・・。

 

焦るアイコン

お決まりですが

時間のコントロールが上手な方はオンラインで購入しても大丈夫だと思いますが、筆者のようにやらかす系旅行者は、もしかすると当日に余裕を持って駅で時間をみながら、チケットを購入するのも良いかもしれせん…。 

 また、予約チケットも先述した発券機で発券します。公式サイトの動画でも購入の時ど同様に詳しく説明があるので確認してみてくださいね!

 

大事!安心しかけたあなたに伝えたいコト

 

チケットゲット〜!

 

と安心したあなたに声を大にして言いたい…。

 

最後の最後まで発券機画面、チケット発券口をしっかり確認してください!!

 

もしあなたが鉄道を座席指定した場合、片道だとチケットが鉄道のチケットと座席のチケットと計2枚出てきます

 

したがって、往復だと計4枚出てくるんです。

 

ギリギリの世界を生きていた筆者は勝手に『往復チケット=2枚』だと思いこみ 、2枚出てきた瞬間に握りしめて走り出してしまいました。(笑)

目を閉じるアイコン

やちまったよ、本当に・・・

そのため、ハンガリーで再度帰りのチケットを購入しなすことになりました。なんて無駄金!

 

チケット発券したら、表示板で時刻とホームを確認しよう!

 

この表示板はウィーン中央駅の中に入ると、ババーンと巨大な表示板が出ているのですぐにわかると思います。

 

ウィーン中央駅

引用元:http://www.awimmer.at/en/work/vienna-central-station

ホームに入るまでに、改札はありません

そのため、そのままチケットを握りしめて、ホームで鉄道が来るのを待ちましょう。 

 

鉄道に乗車してからやるコト

 

・座席の確認

鉄道が来たら、自分がどのクラス(Klasse)か、指定席を予約している場合は何号車か(Wagen)座席番号(Sitzplatz)確認して着席してください。

ちなみに筆者の座席は窓側だったのでFenster窓側)とも記載されています。

OBB鉄道のチケット

今回の旅で購入したチケット(片道分の2枚)がこちら。

分からないことがあれば鉄道員の方に聞くか、その辺の聞いても邪魔にならないような人に尋ねてみましょう!

 

・チケットの確認

出発すると鉄道員が席にチケットの確認をしに何度か巡回しにやって来るので、チケットを差し出してスタンプを貰えば完了です。

 

知ってて安心!補足情報

OBB鉄道内ではフリーWi-Fiが利用できます!

旅先の情報や、天候などチェックするのもいいですね!

そしてハンガリーに到着・下車(ブダペスト東駅)すると入国審査不要でそのまま観光に向かうことができますよ

 

まとめ

 

今回は、筆者の念願出会った国境越えの実体験を元に鉄道を使い隣国へ旅をする方法をまとめてみました。女一人旅で右も左もわからないような状態で挑みましたが何とかなりました!ただ、下調べは本当に大事(当たり前)ということも痛感。旅にはハプニングがつきものですが、事前の確認はある意味旅の安全の保証でもあります。できる限り、準備をしていたら急な出来事にも落ち着いて対応できるはずです。それが女ひとり旅であれば特に・・・。

とはいえ、初の国境越えは筆者にとって素晴らしい経験になりました。隣国であっても異国は異国!国境を越えただけで雰囲気がガラリと変わり鉄道から降りた一歩から全身にびびっとくる感覚がたまりませんでした・・・!言語も違えば建物も景色も違う。体験しないとわからないこの感覚、国境越え未経験のあなたにぜひおすすめしたいです。

“微笑むアイコン”

挑戦してよかった。

心からそう思います。あなたも挑戦してみてはいかがでしょうか?

 

読んでいただき、ありがとうございました!