f:id:aimcmc:20190914110250j:plain
イギリス・ワーキングホリデーに当選

夢のイギリス移住

今年の1月にダメ元でイギリスのワーキングホリデーに応募したら、見事に当選してしまいました。

テンションが上がっているアイコン

やったあああ!!運を使い果たしてしまったぜええ!!


というのも、イギリスでのワーキングホリデーはとても人気で、当選する確率が10倍以上になってしまう年もあるほど・・・。

いまだにイギリスで生活をするという事実が信じられないですが、やっと夢が叶いました!

ただ、当選してからやることが山積み状態。一体、何からどうしていけばいいか大変苦労しました・・・。

フルタイムで働きながら色々と進め、やっと最近落ち着いてきたのでこれからイギリスでのワーキングホリデー海外での生活に挑戦しようとする方へ少しでも役に立てるように、私の経験を記事にしていきたいと思います。

イギリス・ワーキングホリデーの応募の仕方

しゃべるアイコン

イギリスでのワーホリかあ、一体何から始めたら良いんです?


英語がペラペラでも、ありったけの情熱があったとしても、メールで応募→抽選で当選しなければ何も始まらないのです。少しでもイギリスでのワーキングホリデーに興味があるなら迷わず応募してみましょう!

もし、当選したならあなたはもうイギリスに呼ばれているのです。

応募の仕方はとてもシンプルです。応募専用のメールアドレスに、必要事項を記載して送信するのみ。

応募メールの記入例がこちら

メールタイトル:YAMADA Taro - 11/11/2000 - TR123456

( 名前 - 生年月日- パスポートナンバー)

メール本文

  • Name : Taro Yamada (名前)
  • Date of birth  : 11/11/2000 (生年月日)
  • Passport Number : TR123456 (パスポート番号)
  • Country to submit the application : Japan (国籍)
  • Mobile phone number : +81-000-1111-2222 (000-1111-2222)(電話番号)

※2019年度の応募情報ですので年度によって入力情報の変更等あり得ます、ご自身が応募する際は応募要項をしっかり確認してください。

下調べをしていると、イギリスへのワーキングホリデーは倍率が高いが故にそれを狙った詐欺もあるようですのでお気をつけください。

私が一連の流れを経験して思ったことは、運しかない。

イギリスへのワーキングホリデー応募の際は、応募要項をよく読み、期限とメールの記載情報をしっかり確認するという基本的なことをしっかり押さえるほかありません。

目を閉じるアイコン

記入漏れがないか、しっかりチェックするんやで!

抽選枠数と期間

毎年抽選時期はあまり変わらないようですが、年に2回、1月と7月に行われています。(2019年度の応募時点での情報です)

応募枠は毎年1000人程度で1月に800人7月に200人(1月での辞退者の枠も追加されているようです)

イギリスのワーホリをお考えの方は、絶対1月に応募した方が当選する確率が高いです!迷っていても辞退することもできるのでぜひ応募した方がいいですよ!

当選メールと時間

当選メールはこんな感じで送られてきます。

f:id:aimcmc:20190914104751p:plain
イギリス / ワーキングホリデー 当選メール

当選メールが送信される日程は事前にわかるのですが、時間は人によってさまざまです。

私は、当選メールが届いた方々をツイッターやインスタグラムでチェックして いて、午前中からお昼の時間帯にかけて当選メールを受け取った方がちらほらいたのでその日は完全に諦めモードになっていました。18時に仕事を終えて、携帯をチェックすると17時前に当選メールが届いていて一人で雄叫びをあげました。

テンションが上がっているアイコン

おっしゃああああああ!!!

当選してからやる事山積み

当選してからの手続きがなんともややこしい!

また、この手続きの際に仲介を行なっている会社もあるようですが、私は自力でなんとか無事にビザ発行まで至りました。ホームページにも、仲介会社ではなく本人が手続きを進めていくようにと記載されています。

また、私の友人があった実際の話ですが、ビザ発行時(アメリカへの語学留学の際)に仲介会社に料金を支払いお願いしたところ、なぜか手続き書類の名前欄に別人の名前が記入されていて、領事館までいってやり直しになってしまったケースも実際あります!

“微笑むアイコン”

もう自分以外誰も信じらんねえ!!


たまたま、住んでいる地域にアメリカの領事館があったからまだよかったものの、イギリスのビザ発行センターは東京と大阪の2つしかない上、来館予約が必要です。

そして、簡単に予約できないんです・・・。予約完了までのステップが多すぎる!

そして、なぜかビザセンターのホームページが重くてうまく予約することができない!

せっかく当選したのに、ビザの発行で失敗すると勿体無さすぎる!

なので、当選後のステップは確実に慎重に行なっていきましょう!

しっかりリサーチして、日程に余裕を持って手続きを進めて行きましょう!

おすすめの記事