In the heat of moment

アラサーOLがオススメな音楽&映画を紹介しつつ、英語を学ぶブログ

MENU

【女一人旅】一人でもゆるく楽しむ! イギリスほっこり編

キツネのタトゥー

「ゆるく楽しむ」が自分流の旅行の楽しみ方!

 

私の旅行のスタイルは、「あまりこだわらない」こと。

例えば「旅行先観光地をもれなく行き尽くす」とか「その土地の美味しいご飯をたくさん食べる」・・・なんてことを、あまり好んでしません。

 

1日に回れる観光スポットを詰め込みすぎず「一箇所どこか回れたらいいかなあ」程度の熱量。

特に食に関してはもっとルーズで、がっつり日本食やコリアンフードを速攻食べに行ってしまいます。

だって、だいたい飛行機の機内食では外国の食べ物ばっかりで、現地に到着した時点ですでに醤油味を体が要求するんですもの。

目を閉じるアイコン

お米と醤油大好き人間なんです。

 イギリスに2回も行ったのに、私はまだフィッシュアンドチップス未経験です・・・。

さらにいうと、旅行本に必ず掲載されてる旅行女子絶対必須「本場イギリスでのアフタヌーンティー」も・・・まだです。

てへぺろのアイコン

追求しすぎると、そればっかになってストレス溜まっちゃうからね!てへぺろ

 

あ、でもパブで一人ビールは経験ありですよ!これは必須。

(ちなみに日本と違って、イギリスのビールはぬるいですよ!びっくりしないでね。)

イギリスのぬるいビール

 そんな私の一人旅のテーマは「現地人になりきる・あたかも住んでる風を装う」

 

前回、イギリスへ旅に出たときはカフェ、イギリスのファーストフードチェーン店巡りをしてみたり、映画館へ映画を見に行ったりしました。

また、日本にもあるスターバックスへ行って、日本との違いを感じてみるのも面白い経験です!

 

イギリス旅行でふらりと本屋に立ち寄ったエピソード

イギリスへ旅行中の、印象深い体験をご紹介します。

その日は土砂降りの日であまり外を出歩きたくなかったし、寒いし濡れたくない気分。

もうすでに外へ出かけるのが億劫なシチェーションでしたが、中心地の方に向かう二階建てバスに頑張って乗車し、外の景色を楽しみながら「降りたいときに適当に降りる方式」を採用しました。

 

すると大きな本屋さんが目に入ったので、そこで下車しブラ〜と立ち寄ることに。

 

日本にあるような本屋の雰囲気とは違っていて、広ーいスペースの中に本がたくさんあって何時間でも見てられる感じ!。

“微笑むアイコン”

ヨーロッパの本屋さんは一味違うな〜

 

一通り見て回って、絵本コーナーに行くと可愛らしいイラストの素敵な絵本がいっぱい。

そして、日本ではあまり聞かない「本のセール中!2冊買うと1冊無料」というお得な期間だったので、気に入った絵本を3冊選んで、いざレジへ。

 

そこには真っ赤に染められたショートカットのおしゃれなお姉さん。

私の方から「ハロ〜」と声をかけて本を差し出してみる。

(私調査によると、なんか自分から挨拶して見たほうが、笑顔で優しく対応してくれる気がする。特にカフェなんかでこの作戦を実行してみると、トッピングサービスしてくれたりする。笑)

 

書店の店員さんは、ピッピッとレジに打ち込みながら微笑んで

 

I like your choice!(あなたのチョイスいいね!)

とコメントしてくれました。 

 

私が買った絵本の中に”The Fox and the Star"という、キツネが主人公の絵本がありました。

 

 

店員さんはその絵本のキツネを見せながら、

This is my favorite one. Look, I got a tattoo!

(この本私のお気に入りなの、見てこれ!タトゥーも入れちゃった!)

と言い、彼女が着ていたセーターの袖を捲り上げて腕のタトゥーを見せてくたのです。

タトゥーを見せてくれた本屋の店員さん
 

そには1匹のキツネ。

 

目を閉じるアイコン

私が運んで来た絵本でテンションがちょい上がってたお姉さんがめちゃ可愛かった・・・。

こんな経験、あまり日本に住んでるとない経験なのでなんだか嬉しくなりました。

 

今回の教訓

海外を感じるなら観光地巡りもいいが、お店の店員さんに自分から挨拶してみる。(簡単にハロ〜と言ってみるのでもグット)

素敵な会話のきっかけになったり、ちょっとサービスしてくれるかも!

私は、旅行先でこれを「自ら挨拶すること」を実践して、カフェで何度か飲み物にトッピングをおまけしてもらいましたよ〜!

しゃべるアイコン

ついでに・・・

挨拶をすると、最後に

「 Have a nice day ! 」とよく言われるので「 Thank you, You too ! 」

と答えてみると良いと思います!

 

これを言えたあなたは、きっとほっこり、ちょっぴりいい気分で過ごせること間違いなし!

 

“微笑むアイコン”

Thank you for reading!